TAG RODをつくろう!!

壊しているのか?直しているのか?よく判らない趣味の車いじり…

0510

ビューエルの異音が(-_-;)  

TAGRODの作業はGW中にすこ~し進んでいるのですが・・・

ビューエルネタが続きます^^


実はこの購入したビューエルブラスト
異音が気になっています。

カタカタするので「タペット音かな?」と思いましたが・・・
走っているとポップコーンのはじける音がしてきます。

ロッカーアームならエンジンの回転数の合わせて音も早くなるんでは?
と思うのですが、ある一定の速度域巡航では鳴らず・・・
とてもスムーズに回っているなぁと思うのだが
加速時にはカタカタ音、ちょい引っ張り気味での一定速度ではポップコーン音

不定期で「ポカッ・・・ポコスカッ」っと鳴ります(-_-;)


これがタペット音なら相当酷い状態なのでは?と思いながら・・・
そのままチキンレースにも出ましたし
群馬行って山梨から帰ってきて・・・

とそれなりに走ったしね~

なんでしょうか?

ネットで色々異音を調べていると「PCVバルブ内の弁が」と言う記事がある。
ビューエルでは無く、車でですが・・・

車の場合、ボンネット内の音なので「バックファイヤー」か?等も書いてある。
私のビューエルの場合、単車なのでキャブは見えている訳で・・・
それは除外ですね。

又、強制開閉型キャブでもカタカタ鳴るとも書いてある。
でもそれだって回転数に合わせた音になるだろう・・・と予測する。

ではなんだ?
とやはりPCVバルブを疑ってみる。

チェックバルブとも言いますよね?


異音はPCV? (2)
PCVバルブってこれね^^
逆止弁になっていてブローバイガスを排出する所
圧が抜けすぎない様になっているのか?オイルが噴出さない様になっているだけか?

内圧は高いとまずい

とは思う。

エンジンが動き・・・
=ピストンが上下する。

吸排気はキャブ→マフラーの流れですが・・・
内圧ってのはピストンリングの隙間から混合気がクランクケース内等に入り込む事で起きる圧力で
圧が高ければピストンの上下運動の抵抗になる。

ってのはイメージ出来るね。

でもってヘッド内はオイルを下げる為の通路があるのでこちらにも圧は掛かる。
それを抜いてやる必要があるのですが~

「内圧が低すぎてもダメ」と言う記事があるんだよな~><
低すぎる=0に近いなら良いのでは?
負圧が働けばそれも妨げな訳で・・・そういう意味なら分かるが^^
なんでも圧が無さすぎるとオイルが泡立つ?なようなことが書いてある。

ふ~ん

まあいいや

この単車はドライサンプだし^^


作業作業^^


異音はPCV? (3)
まずタンクを外す

スピードメーター、タンクにくっついていた(^_^;)
面白い作りだ(カスタム車両です)

この速度計もまともに動いていないので後程・・・

異音はPCV? (4)
タンク外すとこんな感じです。
フレームがオイルタンクになっているのですが・・・
キャップからオイル漏れしていたので(締めて止まりましたが)コキタナイ><

異音はPCV? (5)
タンク外したのでPCVバルブが外せます。

バルブカバー開けてみる (2)
抜きました^^

異音はPCV? (1)
抜いたPCVバルブはこんなのです。
プラスチック製

この中の弁がカタカタ言っている?
車などでは中の弁がプラスチックか何かで振るとカタカタ音が鳴る
逝かれていると音もならず・・弁が効いていないとのこと。

振ってみる・・・

鳴らない(-_-;)

鳴らないって事は音の原因はココじゃあないのか?

う~ん、ここであって欲しい><


PCV中身 (2)
またもや?^^
後戻りできない愚行!!

踏んづけて割ってみた^^

PCV中身 (3)
オイルを止めるスポンジがあり・・・

バルブ内は出にくくらせん状に壁が作ってある。


弁は?

PCV中身 (1)
ゴムじゃん(-_-;)・・・


うわぁ~

これが音の原因では無かった><
壊しちゃったし~


アメ車用のPCVを (4)
なんちゃって^^
私も流石にそんな馬鹿では無い・・・

これは前に買って使わなかったバルブ
アメ車のバルブカバーに使う奴ですが・・・社外品

アメ車用のPCVを (3)
ちゃんとバルブになっています。
単なる通路のタイプと、このように弁が付いているもので価格が異なる様です。
アメ車のブローバイガスを抜く時なんて圧の抜きすぎなんて気にせず・・・今まで生きてきましたが・・・
今も理由は判らんね

アメ車用のPCVを (5)
このまま使いますとタンクが載せられない程飛び出るので・・・

サイズは運よくぴったりだったのですが

アメ車用のPCVを (7)
旋盤で削りまして

アメ車用のPCVを (9)
この様になりました。

中央のが削ったバルブ

アメ車用のPCVを (10)
ホース挿すとこんな感じ

アメ車用のPCVを (11)


でもって・・・

ヘッドカバーからのガス抜きとクランクからのガス抜き
両方とも大気解放になっていましたんで・・・

オイルが垂れるのはぶっちゃけ気にしちゃあいませんが・・・


PCVバルブを調べている時に見た記事で~
「大気解放が機能的にも良いとは言えない」と書いてあったんです。
強制的に抜く事で、良い結果につながると・・・

圧が掛かっているとエンジンには良くない

これは当然

抜きすぎもいけない

これは意味がよく解らない

なら

大気解放で自然体がイイ?

と思ったらそうじゃない!!と書いてある。

まあネットの内容を全て信じちゃあいけませんが・・・
しかもTAGRODをつくろう!!って言うブログの話を全て信じられても困るし^^


「己を信じろ」

という事で・・・

「負圧で内圧を下げる」という事に何となく賛成な私であったため

ブローバイガス配管 (6)
エアスクープ部を外し

フィッティングとY字の分岐を用意し・・・

ブローバイガス配管 (7)
穴を

ブローバイガス配管 (8)
開けて

ブローバイガス配管 (9)
意外と分厚いアルミでしたね^^

ブローバイガス配管 (11)
ねじ山を切り・・・

ブローバイガス配管 (12)
フィッティングを挿す!!

ブローバイガス配管 (14)
吸気の妨げにならんように・・・

ブローバイガス配管 (15)
こんな感じ

ブローバイガス配管 (16)
キャブにキャップの着いたパイプが出ているんだけど・・・
アメ車のキャブなら負圧取り出しの口なんだけど?

エンジン掛けて指をかざしてみるも吸っているように感じなかったんで~

やはりエアスクープより吸わせようという事にしたんです。
キャブ前からのブローバイガスを吸わせたらキャブも燃焼室も汚れるでしょうけど
後にオーバーホールと言う楽しみも出来てくるであろう(*´ω`*)

ブローバイガス配管 (2)
後方に大気解放されていたクランクケース側のホースも

ブローバイガス配管 (3)
こちらには弁も無く?

フィッティングのみ・・・

ホースで繋ぐと~
ブローバイガス配管 (1)
これで健全なバイクになりましたね^^

いい歳こいたお父ちゃんはルールを守りましょう^^
ブローバイガスは不燃焼混合気なので大気解放は一応ダメなんです‼

長編だった


mattweb.jp
丈夫でカッコいいm7エアードリル

QE-332.jpg
↑ここをクリック!!
m7のエアーツールはmattwebがアフターフォロー、修理等を行います。

代引・振込・カード決済OK
スポンサーサイト

Posted on 2015/05/10 Sun. 08:10 [edit]

CM: 0
TB: 0

0511

結局カタカタ音の原因はタペット?  

う~む

PCVバルブはカタカタの原因じゃあないのか(-_-;)
当てが外れてしまった・・・

そりゃあそうだよな
あのカタカタ音が当たり前にする物だったら・・・なんて変な設計なんだ><
と言わざるを得ない

だってエンジン音、排気音より大きいのだから・・・


誰か教えて~><



とまあ

バルブカバーを開けてみよう^^
ガスケットの予備は持っていないのでガスケットダメにしちゃったら最悪だが・・・
まあここは大して影響ない部分だから・・・

と開けてみる

バルブカバー開けてみる (2)
六角ボルトを4つ外すだけ^^

バルブカバー開けてみる (6)
開けたは良いが・・・・

フレームが邪魔してカバーが抜けない(-_-;)

なんて整備性が悪いんだ><
調整しない物なのか?

バルブカバー開けてみる (7)
良く見えないのでペンライトで照らすが・・・
ガタがある様には見えない

バルブカバー開けてみる (5)
ガスケットはシリコンゴム製で壊さずに外れたが・・・
良く見えない(-_-;)

バルブカバー開けてみる (4)
これでは解らないのでこのままエンジン掛けてみる!!
タンク外しているのでキャブ内に残っているガソリン分しか時間は無いですが~

バルブカバー開けてみる (1)
プッシュロッドが動いている状態で写真撮ってみたが解ります?

バルブカバー内がやたらキレイですね~
譲ってくれた方は「メーター変える前は6000キロ程度でした。変えてから乗ってないし」と言っていたが本当の様だな(疑って無いですよ^^本国でもメーター交換歴なしって意味ね)

走行距離は短いのにねぇ

カタカタ音は何でだろう・・・

しかも調整出来そうな部分が無いのは?

普通はバルブを押している側か、プッシュロッド側か?
どちらかに調整ナットがあるかと思うのだが・・・

そんなものは無し(-_-;)

色々ネットで調べてみるも~
このエンジンの記事なんて皆無

Vツインの方のビューエルやエボスポーツも調べてみるも
なんだか同じエンジンの記事が無い
あってもオイル交換だのなんだのって事しか載ってない(この後役には立つんだが)

ガッデム><


ハーレーエンジンのプッシュロッドカバーを持ち上げて調整できるタイプ?
等はプッシュロッド下側で調整する様だが・・・

プッシュロッドカバー (1)
このプッシュロッドカバー
外そうと試み、ボルトを外してみるも・・・
「なんだこれ><プラスチックなのは見た目のカバーなのかと思ったら、プッシュロッドカバーそのものじゃあないか!!」

と愕然と(-_-;)
*エキマニにバンテージ巻いてありますがそれは後程^^


ヘッドを外さないとこれは抜けないようで・・・
プッシュロッドだけを抜くにしてもロッカーアームを外さないとなので・・・
そうなるとエンジンを降ろさないとならないわけで(-_-;)

プッシュロッドカバー (2)
仕方なく元に戻す

戻す時にゴムのガスケットがちょい千切れてカッコ悪いのでカットしましたが・・・


結局、プッシュロッドの調整?ロッカーアームのギャップ調整の方法は調べても現物見ても判らず・・・
油圧のリフターな様で、それが隙間が無くフィットさせてくれるものなので調整要らずなのか?

多少のカタカタ音は仕方がないとして・・・・
ポップコーンの弾ける音は?


ブローバイガス配管 (4)
念のためネットの記事であった「キャブのカタカタ音」を見ておくか・・・

これってハーレーダビッドソン純正のCVキャブですよね^^

ブローバイガス配管 (5)
奥にバタフライがあって、アクセル開けるとこちらが開く

でもってスライド式の方が負圧で開くと言う物。

可変ベンチュリーの負圧サーボ型キャブレター

と言う物らしい

ハーレーのキャブとして1988年に採用され・・・
以降長らく使われているキャブ
S&S製キャブからの変更

となっていますが・・・
確かにこのビューエルは2005年式

バタフライを開閉して、負圧でスライドするタイプ・・・
ん?SUキャブと同じなんじゃないの??

という事は旧式なんでは??

と悩んでしまう
まあ1988年と言えば私がスケボーやってた第二次ブーム時代
中学生?

確かに十分旧式なんだが・・・


アクセル開度に対してワンテンポ遅れる
という事でSUはあまり・・・ですよね?
あのスタイルカッコいいので、それでも付けたいが~

同じ仕組みならこのCVは形もそうでも無くどうなのか・・・・

ガバッと開けすぎてもガボガボ言いにくいって点では良いのかな?

替えたいな~
とも思うが、まだこの単車のパワーやレスポンスの良し悪しなんて判らないレベルなので
暫くはこのまま乗るとしますけどね^^


話は逸れましたがカタカタ音は当然キャブでもありませんでした。

なので・・・
またまた他の方のブログで見た「走行中に異音がしだてエンジン止まった」の原因
プラグ緩み!!
プラグ見てみる
綺麗に焼けています^^
緩みも無く
ヘッドが当たった形跡もない(-_-;)


結局は判らないなぁ(-_-;)

調整方法すらわからんし(-_-;)


それなりに長距離走っているので
まあすぐに壊れるって事も無いでしょうケド
走っていて・・・周りから「整備不良ジャン?」と思われるのが嫌だな><

もっと良い音で走りたいし


mattweb.jp
マットウェブオリジナルのTシャツあります^^

mattwebTシャツ
↑ここをクリック!!
90cm~XLサイズまで!!アパレルもmattweb~

代引・振込・カード決済OK

Posted on 2015/05/11 Mon. 08:55 [edit]

CM: 0
TB: 0

0528

結局我慢が出来なくて>< ポップコーン音を直したい・・・  

TAGRODが漸く再開したのですが・・・

無視しよう・・・

と心に決めたビューエルカタカタ音


やはり気になって乗れない><

どう考えても普通じゃない(-_-;)


とまたもやYouTubeにて検索し他の車両の音を聞く!!
前回はビューエルで検索しましたが、そういえばユーチューブって日本だけじゃないじゃん^^
と当たり前の事に気が付き・・・
ビューエルブラストで検索

やはりカタカタ煩い車両も目立つが・・・
私の車両程では無い気がする。

走っている動画をみてもカタカタ言っているな~とは思うが流石にポップコーンの弾ける音はしていない(-_-;)


何台かとても静かで
キッチリマフラー音が出ている車両を見かけた


やはりこうでなくちゃなぁ^^




俄然やる気になって

$_1.jpg
セカイモンで

このセットを買ってみる。
中古です。

油圧リフターだけで良かったのだが、安かったし^^
カムもあれば安心だ

$_5.jpg
サービスマニュアルも買ってみる。


これで鬼に金棒だ

英語は読めませんが・・・・
絵だけで判断しましょう^^


私の判断では「こんな音の出る場所は他に無い!!」
とロッカーアームだと思っているが・・・
油圧リフターで調整要らず?なのであればもうそれは油圧リフターが逝かれているか?
オイルが行っていないか?のどちらかしかないと思う。
このエンジンはベアリングが弱い?なんて記事が見られるが・・・
それであればスムーズに回っている速度域は無いはずだと考えて


油圧りふたーだけ交換 (2)
バルブカバーがフレームに当たって抜けないのは解ったのですが
エンジンを降ろしてまで?
てのはどうも気が重い

ですがロッカーアームとバルブスプリング部分は調整のしようが無い感じであったので~
プッシュロッドか油圧リフター、カム辺りで調整するしかないか・・・

でもプッシュロッドだって長さ調整出来ないわけで

カムだって私にはどうにも出来ない。
減っているなら交換で良いでしょうけど・・・


油圧りふたーだけ交換
とりあえずVツインのこのタイプのエンジンは数少ない他の人のブログで穴があくまで見た!!

クランクが入っている部屋と・・・
ミッションケースと・・・

赤矢印の所を開ければ、カムとオイルポンプギアが出てくる。

プッシュロッドカバーを外すにはヘッドカバー開けてロッカーアームを外さないと抜けないのだが
カムの方を抜き、油圧リフター抜けないか??

あれ?

もしかして抜けない??


上にしか抜けない様な段差に見えるし、抜けそうにも見える。
ハイカム等入れる人がいるんだから、上には上がるでしょう。
下は?完全にカムが支えるだけ?

開けてみないと解らない

でも買う前に開けると言う面倒な事はしたくない。

下からはプッシュロッド自体は抜けないでしょう。
でもリフターさえ抜けてくれれば><

そこさえ変えられれば!!


と・・・・



アメリカよりお取り寄せなので
到着まで暫く待つしかないのです。

モヤモヤしながら

もし下から抜けなければ・・・

せっかく部品があるのだからと・・・

エンジンを降ろす気にもなるでしょう^^



ちなみに・・・
プッシュロッドカバーのすぐ下にある2つ並んだ六角ボルトはなんなのか?
が気になって眠れない(-_-;)


mattweb.jp
ポリッシャーはスーパーマスターエアーツール!

ポリッシャー (3)
↑ここをクリック!!
スーパーマスターのエアーツールはmattwebがアフターフォロー、修理等を行います。

代引・振込・カード決済OK

Posted on 2015/05/28 Thu. 08:54 [edit]

CM: 0
TB: 0

見てくれた人

プロフィール

TAGROD掲示板

探してください!!

古い順で見られます。

最近書いたやつ^^

頑張って毎日書きます!!

コメントどうもです^^

毎月始めから見られます。

ブロとも一覧

せっかくなので・・・

アクセスランキング

▲Page top