TAG RODをつくろう!!

壊しているのか?直しているのか?よく判らない趣味の車いじり…

0302

さあ分解するぞ! キャブレター  

2バレルのデュアルキャブにしたい!
なんて意味不明な事を言いだしていますが・・・

じゃあそもそもインマニ替えたら?

ですよね(-_-;)


とりあえず、着いてたキャブをばらしてみましょう^^

ホーリーキャブ (1)
まず・・・作業台を片づけて~
作業環境から!

ホーリーキャブ (2)
2つあるうちの片方より!

コキタナイです^^

ホーリーキャブ (3)
バレル部分を外します。
8個あるネジを外します。

インマニの中に落ちないように
最初から真ん中の2つは外して使っている方も多い事と思います。

これは全部ついてた

ホーリーキャブ (4)
一応ガスケット挟まっているんですね~

吸気量はこのポート径を図れば計算できるのでしょうけど・・・
面倒だ><

型番で検索したら出るのかな?

ホーリーキャブ (5)
加速ポンプを外してみる。

ホーリーキャブ (6)
ガッツリ貼り付いちゃってましたけど・・・
ゴムは完全に劣化しちゃってまして、よもやポンプにならず(-_-;)

交換ですねぇ

ホーリーキャブ (7)
ゴムカスも多々><

ホーリーキャブ (8)
フロートボウルを外します。
この中にガソリンが溜まるんですが~
今外している方はセカンダリー側

ダブルポンパーなら前後同じ構造でしょうけど
シングルなら後ろ側は?

ホーリーキャブ (9)
こんな感じで

ホーリーキャブ (10)
良く判りません(-_-;)

ここに貯める意味も解りません><

ホーリーキャブ (11)
この筒は前後のガソリンの通り道
ガソリンタンクより来たガソリンが片方のボウルに溜まったら
この筒を通って反対側に送られます。

解説するほどの物では無いですね(^_^;)
ここはOリングで密閉しているので、劣化しているでしょう。

ホーリーキャブ (12)
ここを外してみたいケド?

こんな工具ないので~

ホーリーキャブ (13)
幅の合うマイナスドライバーで回す

ホーリーキャブ (14)
外してみても・・・

良く判りません(-_-;)

ホーリーキャブ (15)
ガスケットも剥がしてみるも・・・

くぼみがある。

この小さな穴達は~

さっきの部品付けていると塞がった状態でしたよね?
一体どうなっているのでしょう><

ホーリーキャブ (16)
フロートボウル内

フロートボウルって呼び名適切じゃない?
ボウルになってないからな~

バイクのキャブだとそんな感じなんだけど・・・

フロートチャンバー?

まあ良いとして・・・

真鍮製のウキがありまして~
黒い線までガソリンが入ります。

黄色矢印部は油面確認穴であり、このキャブはネジで塞がってます。
デーモンキャブだとここがガラス窓ですよね^^

でもってガソリンがここまで入った時にウキが浮いて赤矢印の弁を閉じる
と言う感じで油面調整するのだ

弁の高さを変えて油面調整って事ですね。

固定で良いのでは?

だって油面上げるとこぼれるし・・・
これより下って事は無いんじゃない?

ううむ

変動できる意味も良く判らない(-_-;)


分解位は一気に書きたいが・・・
内容も薄いしね(^_^;)

だがしかし!

続きはあすなのだ!^^


mattweb.jp
ダイレクトマウントオイルプレッシャーゲージ

100psi油圧計 (2)
↑商品ページへGO!!
小さいサイズのオイル入り油圧計、燃圧計もあるよ^^

代引・振込・カード決済OK
スポンサーサイト

Posted on 2017/03/02 Thu. 08:42 [edit]

CM: 0
TB: 0

0723

エーデルブロックキャブレターをいじくってみる!!  

ダッジ時代

調子が悪い!!って事で色々やってみてるんです。
なので経験値は上がったが~

まあ結局、完璧には出来なかった><

エアスクリューを逆に考えていたんだから良くなる訳はないよな~(^_^;)
過去の私が何言おうが、今の私は信じません^^

そんな事が発覚し、過去の経緯を書いている私は非常につらい所ではありますが
なんせこのブログは「素人の車弄り!!」ですから、ミスったことも書かねばつまらないよね~
多分?私と同じ経験している人は多々いるんであろう^^

と勝手に想像し!!
同じ過ちを犯さない様にする為のバイブルでございます^^
全国のアメ車ファンを代表してあえて・・・

なんちゃって

ですが今日は「エーデルブロックキャブレターを弄ってみる」です。
私の天邪鬼な性格が成せるイレギュラーな行動を・・・・



エーデルブロックホーリーデーモン等のアメ車に使われるキャブ
ダウンドラフトってやつですね。
吸気を上から下に吸って、混合気を作り出す。

ウェーバー等でもダウンドラフトってVWとかで使いますが
直列エンジンやバイク等はサイドドラフトのキャブを使いますね。横から吸うタイプ。

ダウンドラフトの方が効率がイイ!!って良く聞きますが・・・
どうなんでしょうね?上から下へ~の方が素直て事なのでしょうか?


エーデルブロック600
エーデルブロックキャブレターってのはこれで・・・
正面はバキュームホース3つ、ミクスチャー2か所(左右)がありますね。

白矢印はアクセル開度によってバキュームの強さが変わる部分なので、ここにデスビのバキューム進角パイプを繋ぎます。
赤矢印は太いパイプ、一定のバキューム量、ココにはブローバイガスをバルブカバーから出るホースに繋げます。
大気解放の場合はこれがふさがったままですよね。
もしくはパワーブレーキの負圧用かな?
その場合、ブローバイはインマニの何処かから吸わせたり・・・
青矢印はこれも一定のバキューム量のパイプです。
うーん、これは何に繋ぐんだろう?AT?

スペーサー組込
ううむ・・・右のパイプ、何かに繋げてますね~
私がやったんですが・・・覚えてないな><
確か・・・ATから出てるバキュームホースに繋げたかと・・・

エーデルブロック600 (3)
さあ上から見た画像ですが~

茶矢印はガソリン供給口、フィルター入っています。
赤矢印はメインジェットとジェットニードル
緑矢印は加速ポンプ
白矢印はチョークです。

フュエルボウルは左右の出っ張り部分

エーデルブロック600 (2)
これが裏面

4バレルなのですが、画像上がプライマリー、下がセカンダリーですね。
左右、溝掘りしてあって繋がっていますが、同調取る為・・・とバキュームホース部につながってますね。


さあ!!
何をするのかと言うと~


①加速ポンプの調整
②プライマリーとセカンダリーのバタフライが開くタイミング
メインジェットを変えてみる?

です^^

まず①ですが~
加速ポンプ・・・アクセル踏むと「ビュー」っとガソリンが噴射され、加速時にガソリンを足してくれるため
パワーが出るってもの。
ちゃんとガソリンは霧吹き状になって送られているのですが、プラスα!に出しちゃうものです^^

ドラッグレース等なら加速したいが・・・
重いアメ車を勢い付けるなら必要なんでしょうが・・・
街乗りだとアクセルワーク頻繁なんでびゅっびゅびゅっびゅとガソリンが無駄に使われている事でしょう><

なので少なくしたい。
ケチなんで・・・

キャブ磨き (2)
ちなみにデーモンキャブはここが加速ポンプです。
アクセル踏むとレバーが連動して赤矢印のポンプを押す・・・

ホーリー加速ポンプ調整 (2)
ホーリーの加速ポンプです。
デーモンホーリー・・・まあ一緒ですが~
少し形状が違うって位かな?何種類か形状はあるみたいですが仕組みは一緒
バネになっている所を締めたり緩めたりして調整します。

バネが縮むように設定して行けば!!レバーが下に下がるわけだからポンプのストローク増える
バネが伸びるように設定して行けば!!レバーが押されて、最初からポンプをある程度押した状態からスタートするわけで~ポンプが押せるストロークが減る!!

あってます?(^_^;)
また勘違いしていたら教えてね^^


で、エーデルは~
エーデルキャブ、加速ポンプ一番リーンリンケージ曲加工
白矢印部が連動してアクセル開くと上に上がる。
右赤矢印部が下に押されびゅびゅっと出る^^
左赤矢印の3つの穴はリンケージをこのいずれかに差し替える事でポンプの押すストロークを変える=ガソリンの出る量を変えるもの。


ですが・・・
私は・・・

3つの設定では飽き足らず~
更なる加工を施してしまいます><

エーデルキャブ、加速ポンプ一番リーン (2)
一番下にセットするとストロークが少なくなりリーンに・・・

エーデルキャブ、加速ポンプ一番リッチ (2)
一番上にセットするとリッチに?

うーん、逆の様な気もするが・・・
どっちか解らす、見比べた結果なので確実ではないです><
エーデルキャブ、加速ポンプ一番リーン
エーデルキャブ、加速ポンプ一番リッチ
ほら、アクセル踏んでいない時の両方の状態を見ると!!
ストロークが多い方が多くガソリン噴射されるって事ならそうでしょう?

加速ポンプリンケージ加工
私は更に!!
リンケージの曲がり具合を変えて更に更に少量にしたいとやってみる^^
実は上記の画像全てすでに加工してあるリンケージで動かしています。
この画像の右は元のまま、左が加工したもの。

曲げたり伸ばしたりして見たが・・・
ストロークの変化で量の調整をするわけで・・・

加速ポンプなのでアクセル踏み始めにチョロット出してその後は出ない様にしたい
外してしまって全く効かせないのもあるでしょうが・・・
それはそれで困るかな?と思って(-_-;)

そうなると真直ぐ伸ばすのが正解なんでしょうね。
という事が解ったところでまあ良いかと・・・・


んで②ですが・・・
加速ポンプから出るガソリンはケチりたいのに^^
車はやっぱりそれなりに走らせたい!!

とわがままな私は~
次に考えたのはプライマリーとセカンダリーが開くタイミングを変えてみよう^^
って事です。

加工前プライマリー側ここでセカンダリー開スタート
これは加工前
上のプライマリー側、アクセルを踏むとまずプライマリー側だけが開きます。
でここまで開いた時点で、セカンダリーが動き出すって位置で止めてみた。

でね・・・
セカンダリーが速く開けば良い事が起きるんじゃないかと考えてみる^^
単純に考え、同時にがばっと開いてしまうとガボガボと進まないと思う・・・
でもある程度速度が乗った状態でどこで更なるパワーを得ればいいか!!?
と考えるならギリギリ追いついてくれる所を探せばいいのかな?と・・・


加工前 (2)
このリンケージでプライマリーとセカンダリーの連結をしているので~
カチャカチャやって動きを見る。
加工前
リンケージを外すとこんな形・・・

加工後 (2)
それをこの位曲げてみると?

加工後
こうなって~

加工後プライマリー側ここでセカンダリー開スタート
この位開いた時点でセカンダリーが動き出す位置になりました^^

どうなのか?
どうなったのか?

      ・・・・・


うーん・・・
解りません><

そういえば私・・・ドラッグレースやっている訳では無い
公道で違いが分かるほど無茶な運転はしない・・・

いつも通り走って差は・・・感じられない><
いや・・・心なしか?ぐぉーっと加速するような・・・

モリモリ~と力が出るような・・・

いやいやこれは成果を期待する余り、気持ちの問題でしょうか。

ですが、早く開きすぎての息継ぎや逆に加速しない等の結果では無かった(^_^;)



はえ~
こういうのを期待したのだが・・・^^

加速ポンプつぶしてガソリンケチって見たり
バタフライ弄って早く開かせたりしてみたり・・・

どっちなんだ!!

とお思いでしょうが・・・
私も判りません(^_^;)やって見たかっただけ><
経験してみて損はないかな~って感じ。


まあせっかくなのでエーデルの上蓋開けた所・・・
見る機会が多い人と~、全く見ない人に分かれるでしょうからね。

開けてみよう!!③をやってみます。

600のメインジェットを750から移植
うちには750cfmと600cfmの2基あるので
メインジェットを入れ替えてみる^^
メインジェットだけ買えばいいのですが・・・まあ単なる好奇心なんでね^^

しかも!!
現状こういうセッティングだから、こう変えたい!とか、そういう観点でやる事でしょう?
それを「調子が悪い」って事で色々やって見ている訳ですから・・・
基本的な所を先に見れば?と自分でも思ってしまう><

ドツボにハマって戻せなくなるパターンだな~こりゃあ

何度も言いますが好奇心です^^

エーデル600のメインジェット交換等 (3)
上蓋にフロートが付いてきます。
ニードルも付けたまま外しちゃいました(^_^;)
先に外さないと怖いよね・・・曲がったりしたら・・・
エーデル600のメインジェット交換等 (3)
これね・・・

エーデル600のメインジェット交換等
フロートチャンバー?フロートボウル?
はこんな感じになっています。

エーデル600のメインジェット交換等 (2)
メインジェット

左750ジェット・右600ジェット
右4つが600cfmに付いてたジェット
左4つは750cfmに付いてたジェット明らかに穴が大きいですね。

これを入れ替えて、750cfmのキャブに小さなジェットを入れてみる。
ジェットニードルも同時に入れ替えます。
普通逆にして使うでしょうが、吸気多く、ガス薄く・・・にしたかったんです^^

何故なら!!!
エアスクリューを逆にセッティングしていたんで(勘違いしていたんで)
締めても締めてもガスが濃いままで、これ以上締めこむとエンジン掛からなくなる!!って所までやったんで
後はこうするしかないのか?と思ったから~

まさかどんどん濃くして行っているのに「濃いな~」と嘆いていたとは夢にも思わず><
ね?変なことやっている理屈・・・解ってもらえました?^^


結局、違いが判らず・・・
ガソリンも薄くならず・・・
メインジェット・プライマリー側交換
訳解らなくなるので、結果出なかった事は全て元に戻す!!

メインジェット交換、番手下 (2)
ちょい走って結果が得られなかった為に戻すんで
キャブはエンジンに載せたまま・・・
エーデルキャブの利点はこれですね^^

ガソリンこぼさずに作業できる
エンジンから外さずに作業できる!!

なんと素晴らしい事でしょう^^

ホーリーでフロート室開けようと思ったらガソリン全部こぼれるからね~

キャブオーバーホールスタート
こんな風に開けないとなのでね・・・


さあさあ、開けない人は見たことないキャブの中身が解りましたね^^
それ以上・・・・このブログに期待しないでください(^_^;)

プラグ交換 (3)
ちゃんと色々変える都度・・・

ダッジプラグ確認、濃い
プラグ見てさ~

濃いな~濃いな~と騒いで・・・
色々やった努力は買ってください^^

Posted on 2014/07/23 Wed. 11:15 [edit]

CM: 0
TB: 0

0703

今まで25年位勘違いしていた>< キャブセッティング  

アエルマッキの高回転時、息継ぎするが~
濃いのか薄いのか?もしくは違う原因か?を調べていたんですが…

濃いから?とネットには皆さん書いてますね。
エアースクリューでの調整じゃあなくてメインジェットを変えると…

フムフム成る程と思いながら~
ですがネットには色んな方々の意見が書いてあるし、ホントかな?
キャブレターノート等の雑誌も見ながら~

考えるんですが!!


そこで!!


何と!!(゜ロ゜)

今まで25年間も勘違いしている事が発覚しました><

エアースクリューは締めると濃くなり
緩めると薄くなる!!

マジ?

私は締めると薄くなると思い込んでた><

だから燃費が悪いと締める

エンジンが掛からなくなるほど閉めちゃったらチョイ開ける

をやって来ました!!(゜ロ゜)
だって~(・ε・` )

ギリギリまで締めておくと…
チョーク引けば掛かったし…
それって濃くして掛かるって事でしょう?

もしくはかける前に一回アクセル踏んで…
それって加速ポンプから燃料出しておいて掛かりやすくするんでしょう?

その通りやって来たんですが…(´・ω・`)
じゃあ私はとっても濃い状態で今まで?

おかしい><

薄いとパワー不足になるとか~
濃いと排ガス臭くなるとか~
回転が上がりやすい、もたつく、息継ぎ
バックファイヤー、アフターファイヤー等

薄いとなること、濃いとなることを色々経験しているが?

全て逆だったと言うことになるよね!?

エーデルブロック、ホーリー、デーモン等のアメ車キャブと
今回調べたデロルトキャブ等のバイクのキャブは逆なのか?


うーん、過去このブログにも色々書いてきたが…(´・ω・`)
恥ずかしいぞ(^_^;)

普通なら「うむ、それなら今までの疑問が解消された!!」となるはずじゃない?

ひとつ言えるのは燃費がそれで劇的に変わったことは無かった
と言うこと位です。

まあ、ネット見てると…
「エアースクリューでの燃調はアイドリング時に大きく左右するが、アクセル踏むと燃料も空気も他からも供給される」って書いてあるし…
そう言う書き方しちゃうとまた勘違いしそうになるが、霧吹き時のエアー量を調整するんだから、その他大量の空気は直接流れ込むしね。
加速ポンプも有ることだし一概には言えないのかも
ジェットの番手やらは勿論あるしね(^_^;)

まあ25~年間と言っても単に乗っているだけ、ドレスアップパーツ付けて楽しんでいた時期を除けば?それでも10年、15年は勘違いしていたことになる><

気がついたきっかけはこんな記事↓
「エアークスリューって名前な位なんだから、エアーの調整ですよ。締めるとエアーが少なくなるから混合気のガソリン量が増える。」

ガビーン><

衝撃が走った!!(゜ロ゜)

確かに!!

エアークスリューなんだからエアー調整なのは判っていたが…
締めると薄くなるって…何故そう思い込んだのだろう?
その通りエアーミクスチャー、エアースクリューだ
言い訳するなら混合気の調整って意味ではガソリンの調整と結果的になるのだが…

調べているとき…
自分で書いた記事が出てくるが…(´・ω・`)
全て逆に書いてある




2014070323260438f.png


明日からは~(・ε・` )
正しい知識でいきますよ~^^

Posted on 2014/07/03 Thu. 23:18 [edit]

CM: 0
TB: 0

見てくれた人

プロフィール

TAGROD掲示板

探してください!!

古い順で見られます。

最近書いたやつ^^

頑張って毎日書きます!!

コメントどうもです^^

毎月始めから見られます。

ブロとも一覧

アクセスランキング

▲Page top